羽生結弦 GIFT / 東京ドーム = ゆづるの脳内?!

羽生結弦 GIFT/東京ドーム それは天地を統べるものようだった!アイスショー
羽生結弦 GIFT/東京ドーム 感想 ゆずるの脳内?!


私は会場には行けませんでしたが、ディズニープラスの配信を通じて、GIFT東京ドーム公演を見ました!

溢れる想いを温かいうちに書いていきたいと思います。


今回、改めて良かったと思ったことは、声出しオッケーになったことです。

やはり、客の反応があると、違いますよね。
私は正直、キーキーきうるさいのは嫌で、清々していましたけど、暖かい声援はいいものですよね!
今回、それができて良かったと思います。

羽生くんも、ショーの成功をその場で実感できたのではないでしょうか!

GIFTのストーリーの書き起こしです!記憶が飛んだ方やストーリーの詳細を把握したい人に。
羽生結弦 GIFT/東京ドーム 羽生:ナレーション 一部書き起こし


羽生結弦 GIFT/東京ドーム それは天地を統べるものようだった!


まず、ざっくりとした感想を…

  • 公演冒頭→天地を統べるものみたいだ!存在感…(月と太陽)
  • 火の鳥!ふぉー!!
    登場かっこええええええええ!!!!!!
    今まで見たどの火の鳥の衣装よりも美しい衣装!😍
  • おお、ステージにあった謎の手は「あの手だった」のか~?!
  • 東京ドーム=ゆずるのバーチャル脳内
  • 羽生くんからのファンへのGIFTは【ファンをユヅルの脳内にご招待】ということでいいんですかね?!
  • エヴァのシンジ君みたいだった!(脳内の葛藤のイメージ、暗い部屋で椅子に座ってる時とか)
  • 常に羽生くんのナレーション&演技(スケートの演技+羽生結弦の感情を演じる演技もあり)で羽生まみれで幸せな空間!そしてせつない空間。

という感じ!


火の鳥の衣装かっこいいです😍




\今回の羽生さんは青い炎ではなく赤い炎でした!/



羽生くんの脳内=東京ドーム→脳内にファンをご招待された感じがしました!


羽生さんが自分自身の深層レベルでの精神の葛藤をシェアしてくれたみたいな感じがした。
お互い win-win!です。
羽生さんは自分の抱えてきた葛藤を、ファンにシェアすることで癒される。
ファンは羽生君のことが知られて嬉しい。羽生くんの脳内の葛藤を分かち合えた感じがしました。

羽生さんは自分の脳内にファンを招待して、壮大なファンサイベントを催してくれたんですよね?!(違う)

違うといえば、、
途中「違うそうじゃない」という台詞があった時、不覚にも脳内に一瞬、鈴木雅之が出てきた😅
(おそらく私だけではない)

羽生くん演技うますぎるじゃん!役者になれるじゃん!!と思った。



羽生くん演技うますぎるじゃん!役者になれるじゃん!!と思いました。

最後の方のVTRの泣きの演技とか、「泣き」というのはちょっと違うかな?どう言っていいのかわからないけど、見た人ならわかるだろう。
あれはなかなかできないと思いますよ。

自分の感情を表現しているのだから演技ではないんだけど、感情をそのまま出せるって凄いことだと思います。
役者としての演技は、向いているかどうかは分かりませんが、自分自身を演じるということができると言うのはやっぱり才能だと思います。
それが表現者だからっていうことでしょうかね。スケートで演技するのも、自分自身を演じるのも表現の一部で、表現することに長けているんですよね。

何回も NG を出したりして撮影したのかなとか、気持ちを入れて感情を再現して頑張ったんだなぁとか、想像しちゃった😭

羽生君が水の中に沈んでいくような場面がありましたが、どうやって撮影したんだろうか?って思った。

忙しい中で、演出のための演技もたくさん撮ったんだな…頑張って作り上げたんだなと思いました。


そして、最後のアンコールの時、ヘッドセットマイク(ヘッドホンについてる口の横にあるマイク)をつけて、曲に合わせて一瞬、口ずさんだ~~!
今歌声聞こえた~~~~!!
もっと歌って~~~~~~~~~~~~~~~!!!
あああ、歌うの止めちゃった😭
どさくさ紛れに、さりげなく歌い続けてくれちゃってよかったのに、羽生さん!!
でも一瞬歌声が聞こえて、嬉しかった😍

何かの折に、どさくさ紛れに歌っちゃうってのはどうでしょうかね~~!
普通に歌うというのは照れくさいだろうから、今回みたいにマイク付けてる時に、気づいたら曲と一緒に口ずさんじゃってました!って感じで歌ってくれませんかね~~!という欲望が沸きました。。

そして最後に感極まって、アドリブで情熱的に舞い滑った後で、イーグルで滑りながら喋った~~!
滑りながら喋るって本当に初めてで、ジーンとしました。エモエモしました!!

そして涙ぐみながら、最後の挨拶をした時に本当に感慨深く思いました。
頑張ったんだなって、これは大成功の東京ドーム公演でした!
本当にたくさんの方が尽力して作り上げた公演でした。
関わった全ての方が超一流の方々で、そういう人たちに協力してもらえるのも羽生くんが頑張って積み上げてきたものの結果だと思います!

とても誇らしい気持ちになりました。
素敵なものを見せてくれてありがとうございました!!!!!!
羽生さん、私たちを【ゆづるの脳内にご招待】していただき、ありがとうございました!!


ちなみに、東京ドームに初めて張られたリンクは22日から制作がスタートしたそうです。

先ほど見た📺️Goingによると、現在週に5日ほど練習してるそうですよ!



東京ドーム公演『GIFT』を成功させ、さらなる活躍が注目を集めている羽生結弦と、世界で活躍する創作集団CLAMPの協力タッグが実現。
羽生結弦が自身で紡いだ文章にCLAMPがイラストを描き1冊の絵本になります。

初版限定特典として、ポストカードが2枚封入決定!



羽生結弦 notte stellataアイスショー 舞台裏
Hulu(月額定額制見放題)にて後編 独占配信スタート📢


内村航平 との初共演の舞台裏や
「Conquest of Paradise」「Dynamite」「春よ、来い」をフルでお届け❤️‍🔥

著作権の関係上 、 2024年3月12日までの配信です。

▼ 視聴はこちら ▼


曲目リスト

しっかり「GIFT」受け取りました😭ありがとうございました!


GIFTのストーリーの書き起こしです!記憶が飛んだ方やストーリーの詳細を把握したい人に。
羽生結弦 GIFT/東京ドーム 羽生:ナレーション 一部書き起こし


\Hulu や ディズニープラス が、TVの大画面で見れる♪/

都築先生も来てたんですね😊

Perfume の皆さんも!

ユーミンさんも!

みやかわくんも!

楠田枝里子さんも

プリンセスプリンセスのベーシスト渡辺敦子さんも!

この6年後、そのイレブンプレイさんと東京ドームの単独公演で踊るんですよ!😱!

【羽生結弦さん GIFTalk(1)】「一期一会な演技ができた」「一人になった時に帰れる場所を」


[ 2023年2月26日 21:52 ]


 フィギュアスケート男子で昨夏プロ転向した羽生結弦さん(28)が26日、スケーターとして史上初となる東京ドームでの単独公演「GIFT」を開催した。チケットは完売で、国内外でライブ配信された注目のショーを完遂。公演後は取材に応じた。
 【羽生結弦 GIFTalk(1)】

 ――公演を終えて
 「ほんと大変なことだらけでしたけど、まずはドーム公演ということよりも、一人でこの長さのスケートのエンターテインメントというものを作るということが非常に大変なことで。今シーズン初めてまず、単独で完全にプログラムを単独でワンマンで滑りきるというショーをやってみて。これ、2時間半持つかなって正直思ったんですけど、でも、ドームという会場だからこそできる演出と、MIKIKO先生やライゾマティクスさんや、本当に東京フィルさんだったりとか名だたるメンバーが集まってくれたからこそできた総合エンターテインメントが作れたのではないかなと今は実感しております」

 ――新しい表現の可能性の手応えは
 「正直、課題も、もちろん出ていますし。もっとこうすれば良かったなとか、もっとこうできたなみたいなのももちろんあるんですけれども。ただ、今日このGIFTという公演に関しては1回きりで、ほんとにフィギュアスケートならではの一期一会な演技が1つずつできたということに関しては自分自身、すごく誇りに思っていますし、少しでもみなさんの中でほんの1つのピースでもいいので記憶に残ってくださったらうれしいなと思います」

 ――一人で観客に届けたかったこと
 「もちろん自分自身が今までの人生の経験の中で、一人ということを幾度も経験してきましたし、実際に感じることもいまだにありますし。それは僕の人生の中で常につきまとうものかもしれないです。ただ、それは僕だけじゃなくて、大なり小なりみなさんの中に存在しているもので。もちろん、僕の半生を描いたような物語でもありつつ、でも、みなさんにとってもきっとこういう経験あるんじゃないかなってつづった物語たちです。少しでもみなさんの一人という心に贈り物をというか。一人になった時に帰れる場所を提供できたらいいなと思ってGIFTを作りました」

 ――ロンカプで因縁の4回転サルコーも
 「北京オリンピックでやりきれなかったという思いが強くあったプログラムです。あのプログラムには夢をつかみきるという物語が自分の中にはあります。このGIFTってストーリーの中にも夢という存在がものすごく大きくあって。なんか、そういう意味でも、まず前半の一幕の中で夢をつかみきったっていう演出をしたかったというのが、ロンドカプリチオーソを選んだ理由です。ただ、北京オリンピックを連想させるような演出をした上でロンカプをやったのは、あの時に夢をつかみきれなかったからであって。あの時、夢をつかみきれなかったものを今はつかみ取るんだ、とか。逆にまだまだつかみきれていない夢も、もちろん4回転半だったりとかありますけど、それに向けてこれからも突き進むんだみたいなイメージを込めて滑らせていただきました」   
=(2)に続く=

一部引用:【羽生結弦さん GIFTalk(1)】「一期一会な演技ができた」「一人になった時に帰れる場所を」― スポニチ


羽生結弦ダイアリー ALWAYS WITH YUZU 2023.4-2024.3

【羽生結弦さん GIFTalk(2)】「幸せな経験をさせていただいた」「少しでも力になれば」
[ 2023年2月26日 21:54 ]


 フィギュアスケート男子で昨夏プロ転向した羽生結弦さん(28)が26日、スケーターとして史上初となる東京ドームでの単独公演「GIFT」を開催した。チケットは完売で、国内外でライブ配信された注目のショーを完遂。公演後は取材に応じた。
 【羽生結弦 GIFTalk(2)】

 ――今日選んだプログラムを夢と関連づけようとしていたか
 「なんか、それぞれのプログラムたちってやっぱり、それぞれ違う意味を持っていて。本来はGIFTっていう物語とはまったく関係のないプログラムだったんですよね。ただ、今回GIFTという物語の中にこのプログラムたちが入ることによって、もしくは演出とともにこのプログラムがあることによって、また新しい意味をつけられるんではないかなということを考えて滑りました。なんか、フィギュアスケートってもちろん歌詞があるプログラムももちろんありますし、だけど、言葉のない身体表現だからこそ、受け手の方々がいろんなことを感じることができるっていうのがフィギュアスケートの醍醐味かなって思っていて。だからこそ、物語を作って、で、その物語の中の1つのピースとしてプログラムが見られた時に、どんなことをみなさん受け取ってくださるかなということを考えながらプログラムを構成していきました」

 ――3万5000人のパワーと対峙した。今後にどう生きていくか
 「正直、この会場に入って思ったことは自分って、なんてちっぽけな人間なんだろうってことでした。やっぱフィギュアスケートってほんとに一人の人間、もしくは二人の人間がやるスポーツですし。それを表現としてアートとして作り上げていくことももちろん大事ですけど、まずは僕は男子シングルなんで、男子シングルのスポーツ選手としてやる時に、ほんとにちっぽけな人間だなって。ただ、その3万5000人の方々、後はこの空間全体を使った演出をしてくださったみなさんの力を借りたからこそ、ちっぽけな人間であったとしても、いろんな力がみなさんに届いたんじゃないかなって気持ちはちょっとしているんですよ。だから、ある意味では震災の時に一人一人だったらきっと何もできなかったなっていう記憶とちょっと似ていて。みなさんの力が羽生結弦という1つの存在に対して集まったからこそ、絆があったからこそ、力が伝えられた公演だったんじゃないかなって思います」

 ――ドームの景色とは
 「技術的に言えば、平衡感覚はすごくつかみづらかったです。まあ、スポーツ選手なんでそういうこと言っちゃうんですけど。でも、やっぱりこれだけの方々の前で歓声を浴びながら6分間練習だったり、試合のプログラムをいろいろやってみて、ほんとに幸せでしたし。なにより、こうやって一人の人間にこれだけの力が集まることってほんとに普通はありえないことなんで。幸せな経験をさせていただいたので、ちょっとでもこの幸せな経験から自分から発せられた思いだとか、そういったものが未来が見えない今の世の中に対して少しでも力になればいいなって思います」

 ――魂の世界を旅しているメッセージもあったのか
 「う~ん、なんだろ。魂というより、僕の中ではペルソナ。みなさんがそれぞれ社会にいる時に使っている自分の顔だとか、仮面だとかそういったイメージで考えてくださると、僕にとってこうやってしゃべっている時だってきっと、自分が見せたい羽生結弦を出しているんだと思いますし。でもきっと、話しながらも心の中でくすぶっている羽生結弦もいるんだなと思っていますし。それはたぶん僕だけじゃなくてみなさんも。だから、少しでも自分自身が持っている、みなさんが持っている本質的なみなさんとペルソナのみなさんを認めていけるような、認めてあげられるような時間になったらいいなと思います」 =終わり=

一部引用:【羽生結弦さん GIFTalk(2)】「幸せな経験をさせていただいた」「少しでも力になれば」― スポニチ


羽生結弦とCLAMPの夢のコラボレーション絵本『GIFT』

東京ドーム公演『GIFT』を成功させ、さらなる活躍が注目を集めている羽生結弦と、世界で活躍する創作集団CLAMPの協力タッグが実現。
羽生結弦が自身で紡いだ文章にCLAMPがイラストを描き1冊の絵本になります。
初版限定特典として、ポストカードが2枚封入決定!



▼ 視聴はこちら ▼

\Hulu や ディズニープラス が、TVの大画面で見れる♪/



配信最終日 ディズニープラスでエラーが起きた模様…配信延長されたらいいな!(※3/31まで延長されました!)

全世界配信!!特別版だって!

コメント 【情報提供などもこちらから!】