スマホバッテリーの購入時の注意点!

パソコン、スマホ関連、電気製品

純正品のバッテリーがあればいいのですが…やむを得ず互換バッテリーを購入することもあると思います。
互換バッテリーには安全の保証はありませんが、なるべく安全なものを選びたいですよね。


PSEマークがあるか?


私には、詳しいことはよくわかりませんが、「PSEマーク」などの安全規格のマークがあるか?偽物のマークじゃないか?など、チェックしてから買うといいかもしれません。

PSEマークなどの安全規格のマークがあるか?どうかもチェックしてくといいかもしれません。
偽物のマークもあるみたいですので注意!
(※本物のマークがあれば絶対安心というわけでもありません。)

PSEマークとは

モバイルバッテリーに記載された各種マークを説明します
電化製品にPSEマークを認証・表示する手順|偽物の見分け方も
安さの裏に潜む非純正バッテリーの危険性 ~発火の事故多発!~
モバイルバッテリーに関するFAQ



純正品のバッテリーだから安全とは限らない


純正品のバッテリーでも不良品がありますし、リコールがかかっているものもあります。
破損すれば、純正品のバッテリーでも互換バッテリーでも危険なのは同じです。

とにかく破損を避けて、注意事項を把握して、安全な使用を心がけましょう!


不良品のバッテリーが届くこともあるよ!


私は純正品をネットで買って、届いたバッテリーが不良品だったことがありました。
(そもそも販売されているバッテリーが純正品かどうかを確認することが不可能なのですが…。)

届いたバッテリーの袋を開封したら、甘いガスの匂いがしてきたので返品しました。
購入したバッテリーが届いたら、「不良品ではないか?」という確認は必ずした方がいいと思います。

……とは言っても、良品か不良品かなんて、使ってみなければわからない(事故がなければ良品、事故があれば不良品という恐ろしい確認の仕方しかないんですけど😅)とは思いますが、最低限パッケージに傷がないか?甘い匂いがしないか?というのを確認した方がいいと思いました。

甘い匂いがしてきたら、それはガス漏れしているということなので、使用はやめた方がいいと思います。

「バッテリーを包んでいるビニールが破損していないか・異常がないか?」も確認した方がいいと思います。

今回届いた不良品のバッテリーは、外装にも異常がありました。
テープがずれていたりして、よく見ると怪しいものでした…。
届いた電池がちょっとでも違和感があったら使わない方がいいと思います。

不良品だったバッテリー


右下の黄色いポリイミドテープがよれています。
よく見ると、右側の縁の部分もちょっとデコボコしてますね…。
パッと見は綺麗だったのですが、何か怪しいですね。

純正品を買ったからといって安心はできません!
偽物の可能性もありますし、純正品だったとしても、それが良品かどうかも分かりません。

何を買ったとしても、使う前に確認できるところはなるべく確認しましょう!

ちょっとでも違和感があったら、販売店に相談した方がいいかもしれません。
中国のサイトなどで買うと、そういう細かいやり取りができないので、バッテリーに関してはAmazonなどの日本のECサイトで買った方がいいかなと思います。


このことがあるまで私は何も気にしていませんでしたが、今後は電池を購入したら、必ず匂いを確認しようと思っています。

一番怖いのは、確認してもわからずに使用中に発火することなんですけどね。
やはり自分で電池交換っていうのはかなりリスクが伴いますね……。
とはいえメーカー修理もお金がかかりすぎるし、悩ましいですね。


バッテリー交換の【安全な方法、必要な道具】はこちらで紹介しています。
スマホの電池交換時にやってはいけないこと!スマホを自分で分解する前に読んで!電池(内蔵バッテリー)の扱い方を間違えれば、あわや火事!

自分で取り出した【スマホのバッテリーの処分方法】を紹介します。
スマホのバッテリーの処分方法 破損、膨張したバッテリーの「捨て方・回収方法」




スマホ分解の【手順や注意点】を紹介します。
スマホ分解・修理の注意点!必要な手順【初心者用】

スマホ分解に【必要な道具】をこちらで詳しく紹介しています。
スマホの分解・修理に必要な道具【初心者用】




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン、スマホ関連、電気製品修理 DIY
シェアする
もんたの雑記ブログ

コメント 【情報提供などもこちらから!】